小児と妊婦さんの歯科治療は横浜市青葉区たまプラーザのロイヤル歯科医院へご相談下さい。

小児歯科

子供たちの虫歯を治すことだけが小児歯科ではありません

子供たちの心や身体は、休むことなく成長しています。

そこで、虫歯や悪い噛み合わせ、歯の交換の異常など正しい成長を妨げる色々な原因、例えば、指しゃぶりであったり、爪を噛む習慣はを早くみつけ、取り除いて、正しい成長へ導いてあげることが必要です。

その第1歩として、私たちとお子様がよりよい関係を作れるように、保護者様もご協力を宜しくお願いします。

//

子供はどうして虫歯になるのでしょうか

//

✔ 歯磨きがうまくできない
歯磨きで取るのは歯垢です。歯垢の中に細菌が存在し、中には虫歯菌も沢山います。しっかり歯垢を落とすことができないと、飲食後にそれらの細菌によって酸がたくさん作り出され、唾液による再石灰化が追い付かなくなり、虫歯が出来てしまうのです。

✔ 間食が多い
食事ごとにむし歯の原因菌である「ミュータンス連鎖球菌」は糖分をもとに、酸を作り出して歯の脱灰※1を進めます。3回の食事以外に間食をたくさんするというお子様はそれだけ歯の脱灰が進みやすい環境になってします。
※1:脱灰は歯のエナメル質や象牙質からリン酸カルシウムの結晶が溶出する現象。脱灰が進行するとエナメル質に穴があき虫歯になる。

✔ 虫歯原因菌の数が多い
虫歯の原因菌の数は人により違います。虫歯の原因菌のミュータンス連鎖球菌は常在菌として歯の表面で成育し始めます。歯をきれいにしておかないと歯の表面に食物の不溶物がたまり、ミュータンス連鎖球菌はそこに含まれる糖質を分解し、プラークを作って増殖し、そのときに酸を産生するのでエナメル質表面に脱灰が生じやすくなります。

むし歯を予防する3つの基本

3度の食事を中心に、おやつの回数は1日1回を目標にしましょう。甘い物に限らずどのような食べ物や飲み物でも、回数が多くなったりダラダラといつまでも飲食したりしないように注意しましょう。また、1回に与える量を少なくすると、満足感が少なくかえって飲食回数も増え、虫歯が増える原因となるので、注意が必要です。

普段の食生活でバランスのよい栄養食を規則的にとり、歯質のよい強い歯をつくりましょう。また、年齢に応じたフッ化物の応用でむし歯になりにくい歯にします。

歯ブラシによる正しいブラッシングとデンタルフロスを使ったフロッシングでむし歯菌のかたまりであるプラーク(歯垢)を取り除きます。

妊婦さんの歯科治療

プラークコントロールで虫歯や歯周病の予防しましょう

虫歯や歯周病予防の基本はプラークコントロールです。(プラークとは歯の表面に固着した、細菌などの塊のことです。)歯の表面がざらついていたりすると、たった2~3時間程度でプラークが作られてしまうこともあります。歯科医院で歯石などを取ると表面がツルツルな状態になり、プラークが付きにくくなります。また歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)を自分で除去する事は難しいので歯医者で歯垢(プラーク)を除去してもらわなければなりません。

妊娠中から産後は女性にとって最も虫歯、歯周病になりやすく、その後の人生のお口の環境を決定すると言っても過言ではありません。どうぞお気軽に当院にご相談下さい。

//

妊娠したらはじめてほしいポイント

現状のお口の中の状態を把握することは生まれてくる赤ちゃんのためには非常に重要です。検診を受けて虫歯や歯周病があれば歯科医師と相談しながら治療を進めていきましょう。しっかりお口の中の管理をすることが健康な赤ちゃんを産む秘訣のひとつです。

妊娠をするとお口の中が普段より乾くことがあります。これは唾液の量が減っていることが考えられます。唾液が減ると免疫力が落ちるので虫歯や歯周病になりやすくなります。食後に水分を摂取することで唾液を出やすくなり、お口の中の雑菌の繁殖を制御する効果があります。

フッ素やキシリトールを摂ることで虫歯を予防することができます。妊娠中に虫歯にならないために歯科医師や歯科衛生士に相談しならが摂取していきましょう。

どんなに歯科医院で治療や予防をしても正しい歯磨きをしていないと虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。正しい歯磨きの方法を身に付け、日常の生活から歯の予防を心掛けましょう。歯磨きの方法については、歯科医師もしくは歯科衛生士にお気軽にご相談下さい。