横浜市青葉区のインプラント治療が得意なロイヤル歯科医院

インプラント治療について

歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。
天然歯を虫歯や歯肉の病気、あるいは事故などで失った時、骨にインプラントを埋め込みその上に上部構造体を固定する治療です。
インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。インプラントの治療期間は、平均 2~12週間となります。

骨が少ない患者様へ
骨が少なくなってしまった方には最新の技術で骨を作る手術も行います。

インプラントの保証について
インプラント治療終了後5年間は無償保証となります。(メインテナンス費用は除きます)ただしインプラント治療終了後の定期検診を欠かさずに受けられている事や、禁煙、ナイトガードの使用など、医師の指示を守られていることが条件となります。

//

当院のインプラント治療の症例

インプラント症例1

術中
インプラントを埋入して3ヵ月経過。歯肉の状態は良好です

術後
2年経過後です。歯肉の状態も落ち着いています

インプラント症例2

術中
インプラントを埋入3ヵ月経過しています

術中
歯肉も健康で調和が取れています

模型作成
被せ物はこういう形でできあがってきます

模型作成

術後
装着直後です

術後
上の穴を白い樹脂で埋めて完了です

インプラント症例3

術中
インプラントを埋入して3ヵ月経過してます

術後
歯茎の色と形が理想的です

こんな場合にインプラントをおススメします

  • 奥の歯が抜けたため、ブリッジができない。
  • ブリッジにするために、健康な歯を削りたくない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • 入れ歯にしたくない、不快感がある。
  • 事故などの外傷で歯を喪失した。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット デメリット
隣在する歯を削る必要がなく、健康な歯を傷つけない。 保険適応外なので費用が高い。
入れ歯のような不快感がない。 外科手術をする必要がある。
見た目が自然で美しい。 しっかりメインテナンスをしないと細菌感染のリスクが高まる。
自身の天然歯のような咬み心地を味わえる。 他の治療よりも治療期間が長いことがある。
固定式なのでご自身の歯と同じ様に歯ブラシやフロスでメインテナンスができる。 患者様の身体の状態(重度な糖尿病など)よって治療できないことがある。