横浜市青葉区たまプラーザ近くの入れ歯が得意な歯医者

入れ歯外来

入れ歯に違和感がある方はご相談下さい!

歯を失ってしまって入れ歯をしている人口はかなりの数にのぼります。その数に比例して「合わない入れ歯」、「違和感がある」と言う言葉も多く聞きます。また、患者様本人が主観的に感じる、「いい」「悪い」にかかわらず、客観的にも不適合な入れ歯が少なくありません。

ロイヤル歯科医院では患者様ひとりひとりに合った入れ歯をご提供できるように事前にカウンセリングをしっかりとおこないます。また入れ歯を装着後も定期的な検診をおこない、問題が起きた場合もすぐに対処できるように心がけております。

//

保険適用と保険適用外の入れ歯の違い

保険の入れ歯は保険適応内で決められた範囲内の素材や製作工程で入れ歯を作っていきます。保険適応するので費用的には非常に安く済ませることができるというメリットがあります。

対して保険適用外の入れ歯はよりお口にフィットする入れ歯を制作するために、保険適応外の高価な素材を使用したり、製作工程も保険の入れ歯より複雑な工程で入れ歯を作っていきます。

より安い費用での入れ歯制作を求めるなら保険の入れ歯を作ることをおススメします。しかし、入れ歯をした時の不快な装着感やフィット感を求めるなら断然、より精密に製作された自費の入れ歯をおススメします。

保険適用の入れ歯

種類 イメージ 説明
総入れ歯 // 保険の総入れ歯は、レジン(プラスチック)という素材を主に使用し製作します。メリットとしては保険適用なので安価に作ることができます。デメリットとしては、厚みが出て違和感が出てしまうこともあります。
部分入れ歯 // 保険の部分入れ歯は、クラスプというバネを天然歯に引っ掛けて装着するタイプです。メリットとしてはほとんどのケースで使用することが可能で、保険適用のため安価に作ることができます。デメリットとしては違和感が出る場合があり、見た目があまり良くないことがあります。

保険適用外の入れ歯

種類 イメージ 説明
コーヌス義歯 // コーヌスクローネとは維持装置としてクラスプ(バネ)を使わず、2重構造でできた冠を使ったはめ込み式義歯の事です。コーヌス、コーヌステレスコープ、茶筒式義歯とも呼ばれています。

※コーヌス義歯のメリット
  • バネがないため、審美性に優れている
  • バネで固定する場合より、固定され義歯の動揺が少ない
  • 義歯全体を小さくする事が可能で違和感が少ない
  • 支台歯を負担がバネと比べて軽くなる
  • 支台歯の清掃性が良い
マグネットデンチャー // 歯根と義歯に磁石を埋め込んで固定します。そのため、ガタつきがなく、吸着し合い、安定性に優れている義歯です。また、バネがないため、審美性に優れ、着脱しやすいというメリットがあります。
金属床 // お口の中の「肌」にあたる部分が金属でできた義歯を金属床義歯といいます。保険診療で主に使われるレジン製義歯はどうしても厚みが出てしまいますが、金属床は強度があるため薄くつくることができ、お口の中で違和感が少なく快適です。また、熱伝導率が高いため、食べものをよく味わうことができます。